1928年(昭和3年) 島田燈器製作所創業。
1952年(昭和27年) 法人組織に変更。島田燈器工業株式会社として発足。
1966年(昭和41年) 膨脹式救命いかだ整備場を設ける。
1969年(昭和44年) 東京営業所を開設。
膨脹式救命いかだ検査部門を分離し、株式会社西日本フジクラを設立。
1971年(昭和46年) 東京営業所を東京支店とする。
1976年(昭和51年) 株式会社西日本フジクラ、近畿運輸局より膨脹式救命いかだ整備事業場として認定を受ける。
1977年(昭和52年) 東京支店、膨脹式救命いかだ整備事業場として認定を受ける。
1979年(昭和54年) 株式会社西日本フジクラ、藤倉ゴム工業叶サシューター整備サービスステーションとして承認を受ける。
1981年(昭和56年) 札幌営業所を開設。
1985年(昭和60年) 海外各地において船用品の代納業務を開始。
1986年(昭和61年) 国内にて外航船向けに船用品納入業務を開始。
1991年(平成3年) 株式会社西日本フジクラ、大阪府より医薬品販売の許可を受ける。
1992年(平成4年) GMDSS救命設備性能試験器をメーカーと共に開発・発売する。
株式会社西日本フジクラ、GMDSS救命設備サービスステーションとして承認を受ける。
1993年(平成5年) 東京支店、GMDSS救命設備サービスステーションとして承認を受ける。
1995年(平成7年) 膨脹式救命いかだ空気室圧力検査装置を研究、開発する。
1997年(平成9年) 膨脹式救命いかだ空気封入自動発停装置の開発、研究に着手。
株式会社西日本フジクラ、GMDSS航海用具、航海用レーダー整備サービスステーションとして近畿運輸局より承認を受ける。
2000年(平成12年) 株式会社西日本フジクラ、GMDSS救命設備測定器の製作部門、機器及び人員を株式会社センテックより継承する。GMDSS救命設備用可搬型性能試験器を開発・商品化する。
船舶用非常標識蓄光フィルムをメーカーと共に開発、運輸省型式承認を申請する。
2001年(平成13年) 手動式小型海水脱塩装置をメーカーと共に研究・開発する。
2005年(平成17年) 水難救助用複合ボートSS-Aをメーカーと共に開発・発売する。
2010年(平成22年) 救難用飲料水を開発、国土交通省型式承認を取得する。
2012年 (平成24年) ISO9001/ISO14001の認証を取得する。
印の商品は競艇公益資金による日本財団の援助を受けて(財)シップ・アンド・オーシャン財団が行なう技術開発基金による援助を受けて開発されたものです。
会社沿革